大和大学 大志を、まとえ。

検索したいワードをいれて検索してください

またはサイトマップもご覧ください

TEACHERS

教員の紹介
福留 和彦

氏名 福留 和彦
職位 教授
学部 政治経済学部
学科・専攻 経済経営学科
専門・研究分野 経済政策、経済発展論、日本経済論、関西経済論、共生社会の経済学
研究キーワード 共生社会、成熟下の日本経済、関西経済の活性化
学部担当科目 経済分析Ⅰ、経済分析Ⅱ、公共経済学、財政学、経済学概論、経済史Ⅰ 他
関連リンク
学位 修士(経済学)
実務経験
現在の研究内容・課題 <共生社会の経済学> の構築:
家族、地域社会、国民経済、グローバル世界など社会の様々な層で表出している近年の問題は、異なる主体が共生することの難しさに由来している。この認識の下、既存の経済学はどこまで共生や共生社会の役割・機能・問題点を説明できるか、また共生社会と取り組む場合に経済学をどのように再構成すべきか、理論面での刷新はどのように必要となってくるかを考えている。

日本経済/関西経済の研究:
市場の縮小、雇用の減少、経済成長の限界、社会的セーフティ・ネットの綻び、地域コミュニティの維持困難、地方自治体の財政危機など、日本社会はかつてない難問に直面している。経済成長はこれらの問題の多くを緩和しうるが、国民経済を単位とした経済成長論から、都市ないし都市圏を単位としたそれへ変わることが必要と考えている。
主な研究業績
  • 【共編著】宝月誠監修/福留和彦・武谷嘉之編著『共生社会論の展開』晃洋書房、2017年
  • 【共著】橘木俊詔編著『共生社会を生きる』晃洋書房、2015年
  • 【共著】進化経済学会編『進化経済学ハンドブック』共立出版、2006年
  • 【共著】竹山理・根岸章・福留和彦『経済数学入門』産図テクスト、2004年
  • 主な所属学会 進化経済学会(元理事 2015~2020年度)
    共生社会システム学会(理事 2019年度~現在)
    日本産業技術史学会
    企業家研究フォーラム