大和大学 大志を、まとえ。

検索したいワードをいれて検索してください

またはサイトマップもご覧ください

TEACHERS

教員の紹介
光永 文彦

氏名 光永 文彦
職位 准教授
学部 教育学部
学科・専攻 教育学科・数学教育専攻
専門・研究分野 教科教育学,科学教育,初等中等教育学,教育工学,数学基礎
研究キーワード 算数教育,数学教育,情報教育,技術教育,統計教育,STEAM 教育,カリキュラム開発,情報リテラシー,和算
学部担当科目 初等算数 I,初等算数 II,初等教科教育法(算数),卒業研究 I,卒業研究 II,卒業論文
小学校教育実習,小学校実習事前事後指導,教職実践演習(幼・小)
関連リンク https://researchmap.jp/mitsunaga
学位 修士(学術)
実務経験
現在の研究内容・課題 (1) 教科教育学(算数・数学・情報・技術)・教育工学
 教科や分野に応じた教材開発やアクティブ・ラーニングなどの授業形態や,教育システム構築など初等・中等教育で共有できるものについての実践,実証を中心に研究。現在は「統計的推測」をテーマとした教材開発と授業形態別の効果測定を行っている。ライフワークは,算額を中心に和算を活用した幾何教育と生データを活かした統計教育。「数学科教育法」や「情報科教育法」などの教員養成に関するカリキュラムやシラバスについての調査もしている。また児童,生徒に対する P.B.L.を用いた情報リテラシーや情報倫理教育などもしている。

(2) 科学教育(STEM 教育・STEAM 教育)
 複数の教科で重複する知識やスキルを,中学校「技術」,高等学校共通教科「情報」を軸として教科横断的な接続を重視する教育を広義で研究している(例えば「統計」を基軸として,高等学校地歴,数学,理科,情報の教科内容を枝葉とした中等教育カリキュラム開発など)。過去に扱ったテーマは「キャリア教育」,「基礎統計学」,「(教科特性を重視した)情報リテラシー」,「和算」など。多変量解析した社会調査データの結果(数値)からその解釈が伝わりやすい適切な統計図表の作成や,データの適切な分析技法や表現技法についても研究している。最近は小中学生向けの絵グラフの制作や指導が多い。興味の中心は,統計リテラシーを用いた解釈や判断の醸成する教材作成と実践。

(3) 和算
 日本全国の神社仏閣に点在する算額を歴訪して,その問題の蒐集と現代語訳を中心に江戸時代の庶民の娯楽をライフワークとして研究中。現代語訳した問題を教材化する授業も行う。歴訪先は東京,神奈川を終え,最近では京都,大阪,奈良が多い。また NPO WASAN の活動の一環として「算額をつくろうコンクール」を運営し,和算の普及活動も行っている。
主な研究業績 論文
  1. Fumihiko MITSUNAGA(2018) Teaching design of cross-curricular statistical education at high school in JAPAN,Contributed Papers at 10th International Conference on Teaching Statistics
  2. 光永文彦,松浦義昭,森祥寛(2018) 高等学校における統計学習の意欲向上を目指した RESAS を利活用した Project-Based Learning の提案,コンピュータ&エデュケーション (44) 54-59(査読有)
  3. 山本芳人,光永文彦(2018) 出席率の向上を目指したWebを使ったクリッカーシステムの開発と評価,教育システム情報学会誌 35(1) 48-53(査読有)
  4. 光永文彦(2015) 技術科・情報科一貫カリキュラム開発(1) 課題解決型統計教育カリキュラム,日本情報科教育学会誌 8(1) 93-94(招待有)
  5. 光永文彦(2007) 積分法と求積法を接続する指導の一考,数学教育論文発表会論文集 40(1) 421-426(査読有)
  6. 光永文彦(2005) 黒板と電子教材を併用した高等学校数学の授業設計とその実践,数学教育論文発表会論文集 38(1) 565-570(査読有)
著書
  1. 光永文彦(2020) 教師に求められる13の「新教養」(数学教育 2020年1月号),(2) 質の高い教育 ( SDGs ),p20-25,明治図書出版
  2. 黒上晴夫,池尻良平,小島 亜華里,登本洋子,光永 文彦,松倉紗野香(2019),未来を拓く探究シリーズ 探究ナビ,Chapter.3-Ⅲ 整理・分析,p74-96,ベネッセコーポレーション
  3. ニューマイスター数学 問題集 1 図形・統計編・2 数量編(分担)東京書籍,ISBN:9784487355938
  4. ニューマイスター数学 教科書 1 図形・統計編・2 数量編(分担)東京書籍,ISBN:9784487355877
学会発表(直近のみ)
  1. 光永文彦(2020) 地域の未来を一緒に創る!高等学校「理数探究」の授業デザインの構築と実践,RESAS de 地域探究実践校 探Q!RESAS 成果発表会,2020年12月13日
  2. 光永文彦(2020) 高等学校「理数探究基礎」における適切な分析手法選択の教材化,2020年度統計関連学会連合大会,2020年9月12日
  3. 大浦弘樹,光永文彦,吉川遼,伏木田稚子(2020)反転授業前の対面での準備活動が動画の視聴時間に与える効果,日本教育工学会秋季全国大会(第37回),2020年9月12日
  4. 光永文彦(2020) 統計資料を利活用した理数探究基礎の授業開発 (1) ― 地域の社会課題を数理的にとらえて探究する ―,日本数学教育学会第102回全国算数・数学教育研究(茨城)大会,2020年8月6日
  5. 光永文彦(2020) オンライン授業導入の設計と授業デザインの構築と実践,東京理科大学数学教育研究会オンライン授業研究会,2020年5月23日
主な所属学会 日本数学教育学会,日本教育工学会,日本科学教育学会,日本統計学会,日本情報科教育学会,CIEC(コンピュータ利用教育学会) ,情報社会学会,日本 STEM 教育学会,東京理科大学数学教育研究会(編集部 部長),和算研究所(理事),特定非営利活動法人 和算を普及する会(理事),情報教育研究会