大和大学 大志を、まとえ。

幅広い知識と技術を持つ

時代が求める言語聴覚士に。

SPEECH AND
HEARING THERAPY MAJOR

保健医療学部
総合リハビリテーション学科
言語聴覚学専攻

近年、急速にニーズが高まる言語聴覚士。言語聴覚士は、脳卒中などによる失語症や、発語器官の麻痺、言語発達の遅れなど、音声や言語、聴覚機能の障がいや摂食・嚥下機能(食べる、飲み込む)に障がいを持つ患者さんに、リハビリテーションを行う専門職です。本専攻では、子どもから高齢者まで様々な原因で障がいに苦しむ方々の機能回復を図るため、訓練や指導、検査など、実践的な学びに力を入れ、障がいごとの言語聴覚療法を総合的かつ体系的に学んでいきます。1年次から個々の適性に即した指導と4年間を見据えたきめ細かいサポートを通じて国家試験全員合格をめざします。
男女比

MAN

15%

WOMAN

85%

CURRICULUM

時間割例

(3年前期)

MON TUE WED THU FRI
1 言語発達障害治療学 高次脳機能障害学 運動性発声発語障害学
2 言語聴覚障害
診断学演習
器質・機能性
発声発語障害学
発声発語・
嚥下障害治療学
言語発達障害学 摂食・嚥下障害学
3 聴覚障害学
4 卒業研究Ⅰ
5
  • 開講科目、時間割は変更になる可能性があります。

VOICE

先輩VOICE

先輩のオススメ

言語聴覚診断学

まずは、言語聴覚士に必要な基礎を
しっかりと固めることが大切。

生田 瑞季さん
総合リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 2年
奈良県立平城高校出身

言語聴覚士の方に家族がお世話になり、この仕事に関心を持ちました。大和大学に入学したのは、オープンキャンパスに参加した際に教授陣の熱い想いを感じたからです。「言語聴覚診断学」では、失語症に関することやCT、MRIの見方など、基本的な知識・技術を学びます。まずは、基礎をしっかりと固めたうえで、専門性を高めていき、将来は患者さんに楽しんでリハビリをしてもらえる言語聴覚士になりたいです。

言語発達学

子どもが言語を獲得する過程を
興味深く学ぶことができます。

井尻 侑亜さん
総合リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 2年
大阪市立東高校出身

大和大学は先生方との距離が近いため、わからないことは気軽に聞けてその場で解決できるのが魅力です。学生数の多い他大学と比べると、フレンドリーな雰囲気で講義が行われている印象です。「言語発達学」では、子どもがどのように言葉を覚え、コミュニケーションができるようになるのか、その過程について学びます。昔から子どもが好きで、言語聴覚士として支えになりたいと考える私にとって、興味深く、様々な発見がある講義です。

HOME > 学部・学科 > 保健医療学部 > 言語聴覚学専攻