大和大学 大志を、まとえ。

障がいのある人を支え

社会復帰へ導く作業療法士に。

OCCUPATIONAL
THERAPY MAJOR

保健医療学部
総合リハビリテーション学科
作業療法学専攻

炊事や食事、手芸や園芸など、日常生活の基本的な作業を通じて、病後や障害による機能回復を図り、日常生活が送れるようにサポートするリハビリテーションの専門職、作業療法士。近年ますますニーズが高まっています。
本専攻では、作業療法について科学的に系統立てて学び、実践と議論を繰り返して高度な専門性を培います。さらに病院や施設での豊富な臨床実習を通じてセラピストとしての技術を磨きます。また、患者さんの生活場面での身体機能の回復のみならず、精神的・心理的な支えとなれるような作業療法士をめざします。
男女比

MAN

28%

WOMAN

72%

CURRICULUM

時間割例

(3年前期)

MON TUE WED THU FRI
1 運動器疾患演習 脳血管障害演習 統合失調症 発達障害の作業療法
2 作業治療学の基礎 臨床心理学 日常生活活動 地域作業療法
3 老年期障害の作業療法 精神障害の作業療法 高次神経障害
4 卒業研究Ⅰ
5
  • 開講科目、時間割は変更になる可能性があります。

VOICE

先輩VOICE

先輩のオススメ

身体障害の作業療法

現場を熟知した先生方の指導により、
一からわかりやすく学べます。

福島 果歩さん
総合リハビリテーション学科 作業療法学専攻 3年
大阪府立和泉高校出身

大和大学は学生一人ひとりと向き合ってくれる大学です。また、いろんなことに取り組める環境があり、サポート体制も充実しています。「身体障害の作業療法」では、身体障害がどのようにして起こり、作業療法としてどのように対応していくのかを一からわかりやすく学べます。難しい内容でも先生方が例を出して詳しく教えてくださるので、しっかりと理解することができます。この講義のおかげで興味が深まり、よりいっそう作業療法士になりたいという気持ちが固まりました。

作業療法評価演習

実際に身体を動かしながら学ぶ
体験型講義は理解が深まります。

田邊 心さん
総合リハビリテーション学科 作業療法学専攻 2年
大阪府立北千里高校出身

医療に携わる親族の話から作業療法士という職業を知り、対象者の“自分らしい生き方”を支援するこの仕事にやりがいを感じました。「作業療法評価演習」は作業療法士をめざすために必要な評価を実際に身体を動かしながら検査・測定していきます。このような体験型の講義は自分の目で確かめることができるため、ただ講義を聞くよりも理解が深まります。卒業後は笑顔で明るく患者さんと接し、誰からも頼りにされる作業療法士になるのが目標です。

HOME > 学部・学科 > 保健医療学部 > 作業療法学専攻