大和大学 大志を、まとえ。

検索したいワードをいれて検索してください

またはサイトマップもご覧ください

NEWS
ニュース: 研究・教育

<社会学部>魚ジャパンフェスで「大成功」を収めました!「完売御礼」

2022年5月30日

社会学部SDG研究推進室が5月27~29日に、万博記念公園(大阪府吹田市)で開かれた「第1回SAKANA&JAPAN FESTIVAL2022」(魚ジャパンフェス)にラーメンを出店し、見事に大成功を収めました。全国各地の魚介料理やご当地グルメなど並みいるプロの強豪が約40店舗出店する中で、大学から参加したのは大和大学のみ。SDG研究推進室では、社会学部の2年の学生が、素材探しに奔走し、規格外で捨てられてしまう予定だった舞鶴産の煮干しや淡路島産の玉ねぎで「すいたぶるラーメン」を作り出しました。

魚ジャパンフェスでは、連日大勢のお客様が、大和大学のブースに列をなしてラーメンを味わってくれました。当初予定していたスープの量は、最終日の午前中には完売。それでも、残っている材料でより魚介の味わえるスープを急ごしらえでつくり、予定をオーバーして提供し、最後までお客様に喜んでもらえました。社会学部から参加した学生は約30人。気温30℃以上を超す真夏日となる厳しい環境の中、自分たちの仲間がつくったラーメンを売るのを笑顔で楽しみながら、全力を尽くしました。大和大学からも大勢の学生や教員がラーメンを食べに来て、応援してくれたことは大変な励みとなりました。

今回のイベント出店は、バンダイナムコグループが提唱する「ガンダムオープンイノベーション」(GOI)の採択パートナーとして、SDG研究推進室のガンダムプロジェクトの一環でもあります。プロジェクトでは、第3弾、第4弾と続々と企画を予定しています。すでに今回人気を博したラーメンを、秋にはある大手のイベントに出店する計画もあります。今後も、社会に貢献し、社会に還元するこのプロジェクトにご期待ください。

HOME > ニュース > ニュース: 研究・教育 > <社会学部>魚ジャパンフェスで「大成功」を収めました!「完売御礼」