■ 教員一覧


資料請求

言語聴覚学専攻

st-top.png

 

 

ますますニーズが拡大する
言語聴覚士を一生の仕事に。

ststudents.png

言語聴覚士は、脳卒中などによる失語症や、発語器官の麻痺、言語発達の遅れなど、音声や言語、聴覚機能の障がいや摂食・嚥下機能(食べる、飲み込む)に障がいを持つ患者さんに、リハビリテーションを行う専門職です。本専攻では、子どもから高齢者まで様々な原因で障がいに苦しむ方々の機能回復を図るため、訓練や指導、検査など、実践的な学びに力を入れ、障がいごとの言語聴覚療法を総合的かつ体系的に学んでいきます。

1年次から個々の適性に即した指導と4年間を見据えたきめ細かいサポートを通じて国家試験全員合格をめざします。 

言語聴覚学専攻 教員インタビュー

時代が求める仕事、言語聴覚士。

たくさんの患者さんがあなたの活躍を待っています。

st-teacher.png

言語聴覚学専攻 准教授

大塚 佳代子

ことば・聞こえ・飲み込み(嚥下)に障がいのある方々に検査、訓練、指導、助言を行うことでより良い生活を送ることができるよう支援する言語聴覚士。これらの障がいを抱える患者さんの人数に対してまだまだ言語聴覚士の人数は足りていません。多くの患者さんがあなたの活躍を待っているのです。本学では臨床現場の最前線で活躍をしてきた実績ある教授陣が揃っています。国家試験対策も万全です。豊かな人間性と確かな技術を兼ね備えた現場のリーダーを輩出していくことが本専攻の目標です。

学生の声

st-student2.png

言語聴覚学専攻 3年

京都府立桃山高校出身

山田 朱莉 
臨床の現場で役立つ基礎をしっかりと固めることができる。 
幼い頃から漠然と医療関係の仕事に憧れていましたが、友人の影響で言語聴覚士に興味を持ちました。大和大学は他大学より、学びへの姿勢が真摯だとオープンキャンパスで感じ、入学を決めました。現在は、リハビリ計画をする上で必要な“正確な診断”を学ぶ「言語聴覚診断学」に力を入れています。臨床経験豊富な教授が経験談を交えながら指導してくださるので、将来に向けてとてもためになります。今後は、「音響学」などの聴覚系の科目にも力を入れ、実力を磨き、患者さんの小さな声にも耳を傾けられるプロをめざします。
yamada.png

援護聴覚学専攻 3年

賢明学院高校出身 

浅井 司 
専攻の基礎も、他分野についても
しっかり学び視野の広い医療人に。 
一番力を入れているのは「言語聴覚学」。言語聴覚のプロとしての基礎をしっかりと学ぶことができます。しかし、実習に赴いた際、現場では自分の専門分野以外にも広く知識を増やす必要性を感じました。大和大学の総合リハビリテーション学科には、自分の専攻以外のことも学べるという利点があります。理学療法学や作業療法学についてもしっかりと学び、患者さんをあらゆる側面から支えていけるようになりたいです。大和大学には志高く目標に向かう人がたくさんいます。仲間と切磋琢磨し、国家試験を突破していきたいです。
Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.