• 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 地域一般の方へ
  • 企業・教育関係の方へ
  • TOP
  • 大学について
  • 入試情報
  • 学部・学科紹介
  • 学生生活
  • 就職・キャリア
ホーム > 学部・学科紹介 > 保健医療学部 > 総合リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻
mainVisual.jpg.jpg

 ■ 教員一覧

rikou-setsumeikai20171216.png

資料請求

総合リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻

stimage.png

 

 

ますますニーズが拡大する
言語聴覚士を一生の仕事に。

stimage2.jpg

言語聴覚士は、脳卒中などによる失語症や、発語器官の麻痺、言語発達の遅れなど、音声や言語、聴覚機能の障がいや摂食・嚥下機能(食べる、飲み込む)に障がいを持つ患者さんに、リハビリテーションを行う専門職です。本専攻では、子どもから高齢者まで様々な原因で障がいに苦しむ方々の機能回復を図るため、訓練や指導、検査など、実践的な学びに力を入れ、障がいごとの言語聴覚療法を総合的かつ体系的に学んでいきます。

1年次から個々の適性に即した指導と4年間を見据えたきめ細かいサポートを通じて国家試験全員合格をめざします。 

言語聴覚士をめざす学生の履修モデル

1年次 前期
  • 情報処理Ⅰ
  • 健康科学概論
  • 解剖学総論
  • 保健医療論
  • 英語Ⅰ
  • 基礎セミナーⅠ
  • 発達心理学
  • 言語聴覚障害概論
  • スポーツⅠ
  • チーム医療概論Ⅰ
  • リハビリテーション概論
後期
  • 情報処理Ⅱ
  • 生活文化概論
  • 基礎セミナーⅠ
  • 音声学
  • 教育心理学概論
  • 基礎統計学
  • 英語Ⅱ
  • チーム医療概論Ⅱ
  • 言語発達学
  • 心理学概論
  • スポーツⅡ
  • 生理学Ⅰ
  • 解剖学Ⅰ(骨・筋の形態学)
2年次 前期
  • 基礎セミナーⅡ
  • リハビリテーション医学診断学
  • 聴覚系医学
  • 生理学Ⅱ
  • 臨床神経学
  • 発声発語系医学
  • 学習・認知心理学
  • 臨床心理学
  • 精神医学
  • 神経系医学
  • 言語学
  • 言語聴覚学臨床実習Ⅰ
後期
  • 基礎セミナーⅡ
  • 小児科学
  • 臨床歯科学(口腔外科学を含む)
  • 社会保障制度
  • 病理学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 心理測定法
  • 言語聴覚障害診断学
  • 内科学
  • 形成外科学
  • 音響学(聴覚心理学を含む)
3年次 前期
  • 卒業研究Ⅰ
  • 高次脳機能障害学
  • 言語発達障害治療学
  • 運動性発声発語障害学
  • 発声発語・嚥下障害治療学
  • 言語聴覚障害診断学演習
  • 言語発達障害学
  • 器質・機能性発声発語障害学
  • 摂食・嚥下障害学
  • 聴覚障害学
後期
  • 卒業研究Ⅰ
  • 失語・高次脳機能障害治療学
  • 発声発語評価演習
  • 聴覚検査法
  • 研究方法論
  • 失語症学
  • 言語発達障害評価演習
  • 摂食・嚥下障害評価演習
  • 補聴器・人口内耳
  • 失語評価学
  • 小児言語聴覚教材演習
  • 聴覚障害治療学
  • 言語聴覚学臨床実習Ⅱ
4年次 前期
  • 卒業研究Ⅱ
  • 卒業論文
  • 言語聴覚学臨床実習Ⅲ
  • 言語聴覚学臨床実習Ⅳ
後期
  • 卒業研究Ⅱ
  • 卒業論文
  • 言語聴覚評価特論
  • 失語・高次脳機能障害特論
  • 摂食・嚥下障害特論

ピックアップ授業

ststudent1.png

1年次から国家試験に向けた勉強があり、小テストもたくさん。忙しいと感じる時もあるけれど、言語聴覚士をめざすなら大和大学が1番だと私は思います。言語障害は脳と深い関わりがあり脳について学ぶ授業も多いです。「失語症評価学」は、認知神経心理学、神経心理学の知識に加え、解剖学的な脳の構造の知識を修得します。カードなどの道具を使い、病像のイメージ形成をするとともに、ディスカッションなどを通して病状を分析し理解を深めます。実際の臨床現場を感じながら学べるところが好きです。学びを活かし、患者さんの生活が充実する療法を提供できるようになりたいです。
ststudent2.png
兄が言語聴覚士の先生にお世話になったことからこの職業を知りました。国家資格を取得しなくてはいけないので、試験対策を重視した授業は特に大切にしています。中でも「生理学」は、実際の臨床現場で役に立つ学びが満載で少しも気が抜けません。学びを深めるほどに、医療人として生きるという覚悟も固まっていきます。また、言語聴覚士は子どもから高齢者まで、幅広い年代の患者さんと関わる仕事なのでコミュニケーション能力も大切です。様々な人と出会い会話力ももっと鍛えていきたいです。さらに勉強を重ねて、患者さんに頼りにしてもらえるように、精進していきたいです。
Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.