■ 教員一覧


資料請求

理学療法学専攻

pt-top.png

 

 

身体機能の回復をサポートし、
即戦力となれるセラピストへ。

理学療法士は、ケガや病気で身体に障がいが生じた患者さんに、「座る・立つ・歩く」などの行動ができるように、運動療法や物理療法などを通じて身体の基本的な機能回復を図るリハビリテーションの専門職です。本専攻では、早期からの臨床現場見学のほか、障がい者や高齢者の身体機能や心理面をシュミレーションする講義を展開し、専門家の視点を育成。国家試験対策は1年次から実施します。最新鋭の医療機器を導入した施設で実践的な学びに力を入れ、国家試験合格後、即戦力として活躍できる実力を養います。

ptimage2.jpg

 

理学療法学専攻 教員インタビュー

医学の知識・技術の進歩に寄り添い

学びを深めていってほしい。

pt-teacher.png

理学療法学専攻 講師

糸谷 圭介

理学療法士の仕事は、ケガや病気によって入院している患者さんはもちろん地域の高齢者まで幅広い方々を対象とします。日々進歩する医療現場で活躍するためには努力と探究心が必要不可欠です。本学では、進歩する医療の知識・技術に興味関心を示し、そして他者との関わりを通して自ら成長でき考えることのできる理学療法士を育てたいと考えています。私たちの経験や知識、技術に教育への情熱を組み合わせ、学生の皆さんと共に成長していきたいと思っています。

 

学生の声

pt-student1.png

理学療法学専攻 2年

大阪府立鳳高校出身

瀬尻 翔太 
高い実践力を持ったプロをめざして。海外での活動も視野に。
進歩し続ける医療の世界で、人々の身体機能や心理面を支えられるような理学療法士を志しました。充実した施設やカリキュラムだけでなく、先生との距離が近い少人数制という恵まれた環境のもとで、仲間と切磋琢磨しながら勉強に励む毎日です。目に見えない神経の機能を日常体験になぞらえて指導いただける神経解剖学など、まずは基礎をしっかり学び、3年次から始まる本格的な実習で実用性を高めたいと考えています。将来は福祉医療やスポーツなど理学療法士に対する評価が高い海外でも学び、グローバルに活躍したいと思っています。
pt-student2.png

理学療法学専攻 2年

大阪府立生野高校出身

霜村 未玖 
心から寄り添える理学療法士になり社会の役に立ちたい。
医療関係に携わって人の役に立ちたい想いから理学療法士をめざしています。大和大学に通う知人から聞く先生方の評判も良く、入学するのが楽しみでした。今は骨や筋肉をスケッチしながら関節の構成を学び、筋肉の名称や部位、神経の構造が理解できる解剖学の授業がわかりやすくて面白いです。医療系や福祉系だけでなく、大規模災害発生時には地域住民の健康維持、障がい者や高齢者の方のために支援活動することも理学療法士の役割のひとつです。一人ひとりの症状にあわせて的確に対応し、患者さんが自分らしく充実した人生を送れるよう精一杯お手伝いしたいです。
Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.