■ 教員一覧


資料請求

理学療法学専攻

2018pt2.png

 

 

身体機能の回復をサポートし、
即戦力となれるセラピストへ。

理学療法士は、ケガや病気で身体に障がいが生じた患者さんに、「座る・立つ・歩く」などの行動ができるように、運動療法や物理療法などを通じて身体の基本的な機能回復を図るリハビリテーションの専門職です。本専攻では、早期からの臨床現場見学のほか、障がい者や高齢者の身体機能や心理面をシュミレーションする講義を展開し、専門家の視点を育成。国家試験対策は1年次から実施します。最新鋭の医療機器を導入した施設で実践的な学びに力を入れ、国家試験合格後、即戦力として活躍できる実力を養います。

ptimage2.jpg

 

理学療法学専攻 教員インタビュー

医学の知識・技術の進歩に寄り添い

学びを深めていってほしい。

hamaokapt.png

理学療法学専攻 講師

浜岡 克伺

理学療法士の仕事は、ケガや病気によって入院している患者さんはもちろん地域の高齢者まで幅広い方々を対象とします。日々進歩する医療現場で活躍するためには努力と探究心が必要不可欠です。本学では、進歩する医療の知識・技術に興味関心を示し、そして他者との関わりを通して自ら成長でき考えることのできる理学療法士を育てたいと考えています。私たちの経験や知識、技術に教育への情熱を組み合わせ、学生の皆さんと共に成長していきたいと思っています。

 

学生の声

okauji.png

理学療法学専攻3年

滋賀県立彦根東高校出身

岡氏 琴野 
仲間と一緒に、実践的に学んで
技術を身につけていける。 
「スポーツ障害学」の授業では、たくさんのベッドが置かれている理学療法室で、学生同士でテーピングの練習をしたり、ストレッチをしたりして、実践力を身につけられます。人の体に実際に触れるので、感覚が得られてとても面白いです。クラスメイトとはとても仲が良く、技術の練習を一緒にすることも多いです。またクラスには担任がおり、学びでつまずいても補講などを通して、一人ひとりをしっかりと見てくれます。実習前には挨拶の仕方や立ち居振る舞いなども細かくチェックしてくださったおかげで、実習にも不安なく赴くことができました。
okauhh

理学療法学専攻4年

大阪府立八尾高校出身

井戸田 弦 
患者さん一人ひとりに合う
リハビリを届けられるプロに。 
高校生の頃、部活動で怪我をしたときに治療後にリハビリを受けて回復しました。今度は自分が支える側の人間になりたいと感じ、理学療法士になりたいと思いました。大和大学は施設やカリキュラムが充実していたのが魅力で進学。今は、理学療法士としての実技練習の授業が多く楽しく取り組む日々です。実習では、大学で学んだ知識が現場でどう活きるかを感じ、患者さんとの関わり方を学べました。今後は基礎知識をさらに補強し、学びを深め、国家試験に絶対に合格します! そして、患者さん一人ひとりに合う理学療法ができるプロになりたいです。
Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.