■ 教員一覧


資料請求

作業療法学専攻

ot-top.png

 

 

時代に求められる医療の知識と技術に
柔軟に対応できる作業療法を学ぶ。

otimage3.jpg
炊事や食事、手芸や園芸など、日常生活の基本的な作業を通じて、病後や障害による機能回復を図り、日常生活が送れるようにサポートするリハビリテーションの専門職、作業療法士。本専攻では、作業療法について科学的に系統立てて学び、練習や討議を繰り返して高度な専門性を培います。さらに病院や施設での豊富な臨床実習を通じてセラピストとしての技術を磨きます。また、患者さんの生活場面での身体機能の回復のみならず、精神的・心理的な支えとなれるような作業療法士をめざします。

作業療法学専攻 教員インタビュー

様々な作業活動を身につけ

障がいのある方々をケアできるように。

suganumaot.png

作業療法学専攻 講師

菅沼 一平

作業療法士は年々求人数が増加している将来性が高いまさにこれからの仕事です。身体だけではなく心に障がいを持つ方々へもアプローチし、遊びや園芸、手芸などの作業活動を通じて生活行為全般へのリハビリを幅広く実施します。様々な作業活動の分析を通して、心身機能の回復を促進して患者さんの生活を支える職業です。本学には明るく情熱あふれる教員がそろっています。皆さんが社会に求められる作業療法士として活躍できるよう4年間しっかりと支えていきます。

 

学生の声

ot-student1.png

作業療法学専攻 2年

兵庫県立舞子高校出身

屋部 瑞人 
身体的なサポートはもちろん、患者さんの心にも寄り添えるように。 
「作業分析」の講義では、食事や掃除、入浴など、生活の中で行う「作業」が、患者さんの身体や精神にどのように作用するのかを学びます。一つひとつの「作業」が患者さんをより良い方向へと導いていくことを知れば知るほど、作業療法の奥深さに魅了されています。今後は、骨や筋肉のしくみについてさらに知識を広げ、人体について深く学んでいきたいです。そして、患者さん一人ひとりの身体的なサポートだけではなく、心に寄り添い、豊かな生活を支援することができる作業療法士になりたいです。
ot-student2.png

作業療法学専攻 2年

私立近江兄弟社高校出身

辻 真梨也 
実習で学んだ知識や技術を高め、患者さんに頼られる存在になりたい。
作業療法士として心身に問題や不自由な患者さんを支える兄の姿をみて、私も同じ道を志しました。入学後は友人や先生と勉強に励む毎日ですが、細胞レベルから人体の構造と機能を学べる生理学や解剖学の授業がとくに好きです。リハビリには医学的な知識も必要ですが、作業療法士は患者さんの病状だけにとらわれず、その背景に生活や精神状態に配慮することも大切。様々な知識や技術を身につけて、柔軟な発想で患者さんの能力と笑顔を引き出せるようになりたいです。リハビリが進まず不安な気持ちを抱える患者さんに対して、明るく粘り強く向き合っていきたいと思っています。
Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.