■ 教員一覧

AO_banner_02.jpg

資料請求

作業療法学専攻

2018ot.png

 

 

※変更申請予定

 

 

時代に求められる医療の知識と技術に
柔軟に対応できる作業療法を学ぶ。

otimage3.jpg
炊事や食事、手芸や園芸など、日常生活の基本的な作業を通じて、病後や障害による機能回復を図り、日常生活が送れるようにサポートするリハビリテーションの専門職、作業療法士。本専攻では、作業療法について科学的に系統立てて学び、練習や討議を繰り返して高度な専門性を培います。さらに病院や施設での豊富な臨床実習を通じてセラピストとしての技術を磨きます。また、患者さんの生活場面での身体機能の回復のみならず、精神的・心理的な支えとなれるような作業療法士をめざします。

作業療法学専攻 教員インタビュー

様々な作業活動を身につけ

障がいのある方々をケアできるように。

suganumaot.png

作業療法学専攻 講師

菅沼 一平

作業療法士は年々求人数が増加している将来性が高いまさにこれからの仕事です。身体だけではなく心に障がいを持つ方々へもアプローチし、遊びや園芸、手芸などの作業活動を通じて生活行為全般へのリハビリを幅広く実施します。様々な作業活動の分析を通して、心身機能の回復を促進して患者さんの生活を支える職業です。本学には明るく情熱あふれる教員がそろっています。皆さんが社会に求められる作業療法士として活躍できるよう4年間しっかりと支えていきます。

 

学生の声

matumura.png

作業療法学専攻 4年

奈良県立橿原高校出身

松村 春香 
医療職でしっかり働いていくため
続ける努力をずっとしていきたい。 
医療職志望で看護師と迷ったのですが、オープンキャンパスで印象的だった作業療法士になろうとこの専攻に進みました。好きな授業の「発達と精神」は一番興味ある分野です。まだまだ知識不足であることを感じているので、今後はもっと学びを深めていきたいです。医療の現場では、患者さんとのコミュニケーションも大切だと思うので、大学時代には様々な人と触れ合っていきたいです。学びが大変と思うときもありますが、とにかく続けることをやめたくない。続ける努力をし続けて、作業療法士の国家試験に合格し、プロとして頑張っていきたいです。
matumuraff

作業療法学専攻2年

奈良県立生駒高校出身

辰濱 亘 
患者さんを新たな人生に導き
感謝されるセラピストをめざして。 
作業療法士は食べたり入浴をしたり人の日常生活のすべてに関わるといってもよいくらい幅広い領域をカバーする仕事です。患者さん一人ひとりに対してアプローチが異なるためとても深い学びが必要です。現在、患者さんが前向きな気持ちになり、積極的にリハビリに取り組んでいただけるように知識と技術を磨いています。そして将来は、患者さんから担当してもらってよかったと評価していただけるセラピストになりたいです。先生も仲間も温かい大和大学ならきっと夢を叶えられると信じています。
Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.