■ 教員一覧

rikou-setsumeikai20171216.png

資料請求

教育学科 初等幼児教育専攻

syotouimage.png

 

 

教育現場を体験しながら学べる、恵まれた環境。
特別支援学校教諭もめざせる。

syotouimage2.jpg
社会環境が激変し、学力低下やいじめなど様々な問題が顕在化する今日、初等教育の役割がますます重要になっています。本専攻には、教育現場に寄り添って学べる独自の教育研修「ヤマトプラン」があります。吹田市との地域連携による大学での講義、地域の公立学校などでの実地研修と、1年次からの学びを両立し卒業までじっくりと学びます。また、特別支援科目も充実。障がいや発達課題のある幼児・児童を理解し支えるための指導・支援を担える特別支援学校教諭も育成します。

初等幼児教育専攻 3つのポイント

地域公立学校と海外の学園グループ校での研修が可能。

吹田市との地域連携により、1年次から地域公立学校等での教育実地研修を導入し、教育現場での教育実践力を養成します。また、アメリカには学園グループ校である、西大和学園カリフォルニア校(幼稚園、小学校、中学校)があります。そのため、留学制度やホームステイだけでなく、海外での活きた教育情報を学べる環境があり、世界でも通用する教育者を育成する環境を整えています。

小学校教諭一種免許状に加えて複数の教員免許を取得可能!

小学校教諭一種免許状はもちろんのこと、幼稚園教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状の中から選択により複数の免許を取得することができます。
※取得できる免許の組み合わせには条件があります。

充実したカリキュラムで優れた特別支援学校教諭を育成。

障がいや発達課題のある幼児・児童への深い理解を示し、精神的な支えとなりながら指導・支援を担っていける、豊かな人間性をも養う特別支援科目が充実しています。

初等幼児教育専攻 教員インタビュー

音が音楽になる瞬間を、独自の指導システムで体感します。

初等幼児教育専攻 教授
田畑 八郎
担当科目:初等音楽Ⅰ、初等教科教育法(音楽) 等
人は情動(興奮)という動機的な前提があって初めて行動の歯車が回り始めます。音楽にはその歯車を回す力が潜んでいます。ピアノの初心者が70%を占める初等幼児教育専攻生は、音と関連付けた理論、基本と応用を対比した演奏法、色彩的伴奏づけを学ぶことによって初年度は「初等音楽Ⅰ」を全員合格しました。この力が指導法に直結するよう応援します。
田畑 八郎

ピックアップ授業

syotoustudent1.png
子どもに教える仕事がしたくて教育学部に入学。子どもの気持ちを理解できる教師になりたいと思っています。力を入れている授業は「初等算数」。算数が苦手な子は多いと思いますが私もその1人。苦手だからこそ、子どもの立場に立ち、子どもの気持ちに寄り添う教え方を学べる授業なのでとてもためになります。今後は採用試験の一般教養や教職教養の知識を強化していきたいのですが、大和大学は先生との距離も近く、疑問点も聞きやすい雰囲気なので、先生に相談しながら学びを進めようと思っています。子どもと触れ合えるボランティアなどにも参加し体験を増やして、将来に備えたいです。

syotoustudent2.png

幼稚園教諭を務める母の背中を見て育ったので、この専攻を選んだのは自然なことでした。大和大学は幼稚園と小学校、さらに特別支援学校の免許まで取れることが魅力で入学しました。今、一番楽しみな授業は「初等教科教育法(音楽)Ⅱ」。ピアノの練習が積めることはもちろん、自ら工夫して模擬授業をするなどの実践型なので、少しずつ「先生」に近づいていることを感じられます。入学後の一番の挑戦だったのが幼稚園実習。部分保育も経験し、子どもとの関わり方を学びました。次は小学校実習も控えています。様々な学びを通して自分の引き出しを増やし、一人ひとりが大志を抱く大和大学で、私も輝いていきたいです。

Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.