■ 教員一覧


資料請求

教育学科 国語教育専攻

kokugo-top.png

 

 

言語能力を伸ばす日本語の指導力に加え、
正しい日本語力を身につける。

kokugoimage.png
グローバル化、デジタル機器の普及やメディアの進化にともない、私たちを取り巻く日本語環境は大きく変化しています。本専攻では、日本語での豊かなコミュニケーション能力、正しい日本語を使える力を育む教員として活躍するため、国語学(音声・文法・文章表現など)、国文学(古典・近代)、漢文、書道などを総合的に学び高い専門性を身につけます。
系列校の西大和学園中学校・高等学校や地域の中学校での教育現場体験・研修を積みながら実践力を磨くとともに、入学時から教員採用試験を見すえた、質の高い独自のプログラムを実施します。また、小中連携の重要性に鑑み、小学校教諭免許を取得できるのも大きな特徴です。

国語教育専攻 教員インタビュー

変化する教育現場にも対応できる

専門性と指導力を身の財に。

tonamikokugo.png

国語教育専攻 准教授

砺波 美和子 

言葉は思考の根幹をなす大切なものです。本学では「話す・聞く、書く、読む」の基本から、入学当初より専門分野も取り入れ、きめ細かく徹底的な指導を行っています。私の専門である古典も、時代は違っても、人の本質は同じ。長い年月伝わっている作品には面白みが詰まっています。国語教育専攻では、学習指導要領で謳われる伝統的な言語文化の指導にも対応でき、現場で20年以上通用する教員を育てます。

 

学生の声

kokugo-student1.png

国語教育専攻2年

兵庫県立尼崎稲園高校出身

永井 舞
教育の本質とは何かを見極め、子ども導き、共に成長できる教員に。 
日本は小学校・中学校が義務教育で、高校への進学率も高く、10代はほぼ毎日を学校で過ごします。そこから「学校とは」と考えるようになり、日本の教育制度に興味を持ち、教育学部をめざしました。実際に学び始めてから、授業を通して、教育改革が行われている今、教育の本質を自分なりにつかみ子どもたちへの指導を考えていくべきではないかと考えるようになりました。大学で得た様々な発見により、自分の考えにとらわれず視野を広げる大切さを知りました。経験を活かし、子どもと成長していける教員になりたいです。

kokugo-student2.png

国語教育専攻2年

大阪府立北千里高校出身

東埜 正宗 
生徒にとって「一番身につく授業」を届けられる教員になりたい。 

国語教育専攻を選んだのは、指導法に自由度が高く、自分の知識を織り交ぜながら、生徒が楽しめる授業ができると思ったからです。「中等教科教育法(国語)」では、教育の歴史やあらゆる指導法をしっかりと教えていただけるので、将来教壇に立つ際、この知識を役立てていけると確信しています。また、ヤマトプランを通して、実際の教育現場でたくさんの生徒に向き合ったことで、改めて指導の難しさを知り、理解してもらえるように工夫を重ねました。生徒が楽しく学び、「一番身につく授業」ができるよう、さらに、経験を積んでいきたいです。

Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.