■ 教員一覧


資料請求

教育学科 英語教育専攻

2018eigo.png

 

 

質の高いプログラムで、
本物の英語力と指導力を磨く。

eigoimage2.jpg
日本から海外へ、海外から日本へと、異文化交流が本格的に進む中、グローバル化に対応した英語教育の実践が急務です。本専攻では、英語によるコミュニケーション授業を充実させるとともに、海外教育研修などを通じて国際感覚を身につけていきます。また、学生全員が卒業までに「英検準1級、TOEICテスト730点以上」をめざします。そして何よりも、系列校の西大和学園中学校・高等学校や地域の中学校での教育現場体験・研修を積みながら実践力を磨くとともに、入学時から教員採用試験を見すえた、質の高い独自のプログラムを実施します。また、小中連携の重要性に鑑み、小学校教諭免許を取得できるのも大きな特徴です。

英語教育専攻 教員インタビュー

教職に就くための実践的な英語力と

心構えを段階的にトレーニング。

isenoeigo.png

英語教育専攻 教授

伊勢野  薫 

授業はもちろん、課外の取り組みも通して実践的な英語運用力とコミュニケーション力を身につけます。さらに将来、教職に就くための心構えやモチベーションを、1年次から段階的にトレーニング。本気で教師になりたい学生たちとしっかり向き合える環境が整っています。言語や文化に深い関心を持ちつつ、これからの時代に通用する力を着実に修得してください。

 

学生の声

ito.png

英語教育専攻 2年

大阪府立槻の木高校出身

伊藤 羽那 
1年次から現場で学び、実際の仕事の
厳しさを肌で感じられる。 

高校の授業で英語を学ぶ楽しさを知り、先生になって、英語嫌いの子にも英語学習の面白さを伝えたいと思い、大和大学へ。「基礎セミナーⅠ」は特に力を入れている授業です。また、本学の教育学部独自のヤマトプランは、1年次から現場で授業研究や学習支援を行い、教員の仕事の厳しさを肌で感じられるプログラム。実際に生徒と関わることができて貴重な経験となりました。学び以外では、ボランティアサークルで地域の行事などにも参加しています。たくさんの人と関わることで視野を広げ、生徒の心に寄り添える教員になりたいです。

ito.png

英語教育専攻2年

兵庫県立篠山鳳鳴高校出身

福西 智樹 
グローバル化社会の中で、児童・生徒に
良い影響を与えられる英語の先生に。 

「Communicative English」は英語の教授法というより、自身の英語のスキルアップにつながる授業。他にも洋画を観るなどして英語のコミュニケーション力を磨き、グローバル化する社会で「英語の先生」としてたくさんの人に関われる未来を拓いていきたいです。大和大学では授業以外にも、教員としてのスキルが身につく体験がいろいろとできます。ヤマトプランでは研修活動に参加。班長をやったことでマナーや気配りの大切さを知り、社会人として今後に活かしたいと思いました。様々な経験を重ねて、児童・生徒に良い影響を与えられる人間になりたいです。

Copyright(C)2014 Yamato University. All Rights Reserved.