大和大学 大志を、まとえ。

TEACHERS

教員の紹介
吉田 政司

学部 理工学部
学科・専攻 機械工学専攻
専門・研究 分野 複合材料、非破壊診断
主な研究テーマ 軽量高強度高硬度材料の開発
具体的な研究内容・特徴 TiB2は高硬度、高融点で、耐食性が良好であり、しかも低密度(軽量)であるため、タービンブレードやエンジン部品材料として有望です。しかしながらTiB2の緻密な焼結体を得るためには2000℃以上の高温が必要であり、また、強度が低い欠点があります。高温での焼結は製造コストが高くなることに加え、結晶粒の粗大化を招き、結晶異方性のために冷却中に割れる問題もあります。しかし、金属間化合物FeAlを用いてTiB2と複合材料とすることで、高硬度(ビッカース硬度2000Hv)で、しかも強度が大きい(引張強度1000MPa)複合材が得られることを見出しました。TiB2-FeAl複合材の硬度は、超硬合金として実用化されているWC-Coと同レベルであり、一方、超硬合金のようにWやCoなどの希少金属を用いない利点があります。さらにTiB2-FeAl複合材は軽量(比重~5、鉄の2/3)であり、耐食性、耐熱性に優れるため、耐熱材料としても期待できます。TiB2-FeAl複合材の性能の向上と耐熱部材としての実用化を検討しています。
研究がどのように未来の世界を変えるか・貢献できるか ガスタービンやジェットエンジンなどに利用できる耐熱軽量高強度材料を開発し、発電効率の改善や航空機の燃費改善を通して、持続可能な発展に貢献することができます。
メッセージ 新材料を自分で合成し、強度、硬度、靭性、耐食性の評価などの実験をおこないます。また、複合材料における強度、ひずみ分布を計算するプログラムの開発、画像解析や超音波による評価方法の開発をおこないます。工夫して、新しいことにチャレンジできるエンジニアの育成したいと考えています。
関連リンク