大和大学 大志を、まとえ。

TEACHERS

教員の紹介
越前谷 智

学部 理工学部
学科・専攻 建築学専攻
専門・研究 分野 建築構造
主な研究テーマ 木構造の生物劣化と強度低下に関する研究
具体的な研究内容・特徴 木材の劣化とは物理的・化学的・生物学的要因等により何らかの変質を受け、使用している木材の性能が低下する現象です。特に屋外で使用される木材は、腐朽、虫害の被害が見られます。これらの被害は、各地の重要な文化財としての伝統的木造建築物に多く見られ、建物の保存に影響を及ぼすと共に建物の耐震性能にも影響が考えられます。虫害、甲虫類などによって引き起こされる部材内部の欠損と部材強度低下の関係について実験的に研究を行います。
研究がどのように未来の世界を変えるか・貢献できるか 外観からの判断が非常に困難な虫害、甲虫類などによって引き起こされる部材内部の欠損と表面状況との関係が把握できれば伝統的建築物および木造建築物の保護に役立てることが出来ると考えられます。
メッセージ 身の周りには沢山の研究の素材が転がっています。いろいろなことに興味を示しましょう!
関連リンク