大和大学 大志を、まとえ。

TEACHERS

教員の紹介
高田 司郎

学部 理工学部
学科・専攻 情報科学専攻
専門・研究 分野 人工知能、特に深層学習、深層強化学習、生成深層学習など
主な研究テーマ 1) 敵対的生成ネットワーク(GAN)の研究
2) 生成深層学習を用いた作画、作文、作曲の研究
3) 深層強化学習を用いたゲームの研究
具体的な研究内容・特徴 1) 実物と区別ができないリアルな画像を生成するGANの基礎技術を深層学習の初歩から学び、ある人物から仮装人物の動画などを生成します。
2) 芸術的な絵画や独自の作曲を生成深層学習を用いて生成できるようになります。これは、芸術作品の特徴を自動的に学習し、その特徴の範囲で作品を再生成できるようになるということです。
3) 深層強化学習を用いて、プラモデル車の自動運転や、テレビゲーム、例えば、パックマンやインベーダーゲームなどを独自で強くなっていく方法を学びます。
研究がどのように未来の世界を変えるか・貢献できるか 1) 仮想人物が公共の場に出現します。例えば、テレビの超美人アナウンサーは人工知能が創作した架空人物が行なうようになる可能性が高くなります。
2) 多種多様な芸術作品、音楽作品を人工知能が独自に創作するようになります。また、これら作品の評価も人工知能が行うようになる可能性が高くなります。
3) ゲーム業界、アニメ業界も人工知能が創作するようになります。新しい創作ゲームの勝ち方も人工知能が自動的に会得するようになるため、ゲーム内容も一気に高度なものになります。
メッセージ 今後10年間で、劇的に進化する分野です。周りに人工知能が作った創作作品で溢れるようになることで、人間の創作活動が活性化されるか、または、人間はもう人工知能の創作活動に太刀打ちできなくなり、人間の創作活動は衰退するかもしれません。
関連リンク